つらら グラス(L)〔studio π ・札幌〕


軒先にできた「つらら」を使ってつくる。

札幌にあるガラス工房「studio π」の上杉高雅さんが生み出した「冬しか作れない」グラスです。


積もった雪に縦穴を掘り、そこに折ったつららを並べ、その中でガラスを吹きます。
熱いガラスがつららに触れて水蒸気が立ち上ります。
そこから出てきたグラスはつららの表情をそのままうつしたように、今にも溶けて雫が落ちてきそう。

【ご注文に際して】 手作りに加えて天然の材料を用いて製作する為、形状、サイズ、模様の具合などひとつづつ異なります。
ご購入の際には在庫の画像をお送りいたしますのでそこからお選びください。
■仕 様 サ イ ズ : 約 φ80×110〜120
材 質 : ガラス
パッケージ : 紙箱


販売価格
4,950円(税450円)
購入数